健康食品のあれこれ

健康食品といえば高麗人参

高麗人参は、健康食品として有名である。また、高麗人参の別名を、朝鮮人参ともいう。滋養強壮として、健胃薬などにすることができる。たくさんの健康食品の中で、高麗人参ほど息の長い商品はないかもしれないほどだ。それだけ多くの人々から、愛され続けているといってもいいだろう。個人輸入の代行を行っているお店もあるほどだ。

健康食品は次々と開発されているが、大概の商品は数年ぐらいで消えていく。しかし高麗人参は、ロングセラーを保っている。この理由は、高麗人参が健康によいということだけではなく、食べものとしても純粋においしいからに他ならない。

高麗人参は、古代中国において食されてきた健康商品だ。ちなみに日本産の高麗人参は、江戸時代のころから栽培され始めた。

高麗人参の栽培方法は、とても難しい過程をたどる。種を蒔いてから収穫するまでに、約五年ほどの月日がかかる。しかも、特定の土地だけで高麗人参を栽培しようとすると、約十年から五十年ぐらいの時間をあけなければ、また同じ場所で栽培ができないのである。

それはなぜかというと、高麗人参という植物は、通常の植物よりも大地の活力源を吸収してしまうからなのだ。その活力源は、主に根っこに集中されていく。

高麗人参が高価である理由は、実は、かような手間がかかる商品であったからなのである。高麗人参は、体にとてもよい商品だ。だからこそ、高価であったとしても、長いあいだ多くの人々に愛され続けてきたのではないだろうか。

2016/9/8 更新