健康食品のあれこれ

健康食品の郷土料理

地域特有の食文化を、郷土料理という。郷土料理の名地として、沖縄がある。沖縄の郷土料理は、全国でも十指に数えられるほど有名だ。沖縄は他の地域と違って、変わった食材を使った料理がたくさんある。そのどれもが健康によいと評判だ。

殊に、「ゴーヤーチャンプル」は、今や誰もが知っている郷土料理ではないだろうか。ゴーヤーとは、蔓茘枝(つるれいし)のことで、またの名を苦瓜(にがうり)とも呼ぶウリ科の植物である。葉っぱは、巻き髯のように飛びだして裂けている。原産は熱帯アジア地域で、夏から秋にかけて黄色い花を咲かせる。

そのゴーヤーを、他の野菜や豆腐や肉などと一緒に炒めたものを「ゴーヤーチャンプル」という。夏バテ対策には、絶好の一品といえましょう。最近では、本場の沖縄でなくても、どこの地域でも食べられるようになった。ゴーヤーの栄養価が全国に知れ渡ったせいか、ゴーヤーは健康食品野菜としての知名度をあげていった。

ちなみに、チャンプルという言葉は、琉球語で「混ぜ合わせにした」というような意味がある。よく考えてみると、沖縄という地域は、チャンプルという名の通り、文化を「混ぜ合わせにした」ような歴史をもっていると感じる。終戦後、本土に米国が乗りこんできて、外国の食文化が入ってきた。ハム・ソーセージ・コンビーフ・ベーコンなどの肉類が輸入されて、沖縄の食生活は大きく変わっていった。

Favorite

保険相談 見直し
http://roam2rome.com/shop/

Last update:2017/1/27