健康食品をとりまく環境

サプリメントとは

健康食品の浸透と共に、「サプリメント」という言葉が定着してきた。この「サプリメント」(dietary supplement)とは、栄養補助食品のことをいう。通称を「サプリ」とも呼ぶ。 

現代社会の不規則になりがちな生活において、絶対に必要不可欠なミネラル・脂質・タンパク質・ビタミン・糖質などの栄養補給を目的とした食品だ。その形態は主に、飲料や錠剤やカプセルとなっている。食事で摂取しづらい栄養素を、効率よく得るための最適な健康食品といえるだろう。

必要な栄養の摂取量は、人によって違ってくる。個人の年齢層や体格差によって、一日の運動量は変わってくるものだ。消化エネルギーが高ければ、それだけの栄養補給が必要となる。欠けた栄養価を補うことが「サプリメント」の役目なので、今自分の体が、一体なにを欲しているのかを見極めることが重要となってくる。それを見極めた上でサプリを選べば、きっと効果が表れるはずだ。

なので、まずは自らの食生活や生活習慣を見直してみることが大事。その後の対策として、「サプリメント」という栄養補助食品がある。食事で摂取しにくい亜鉛や葉酸などはサプリメントの方がいいだろうし、欠如した栄養素を補うこともサプリメントが必要になるだろう。崩しやすい女性ホルモンのバランスプエラリアや大豆の植物性イソフラボンやエストロゲンで補うこともある。

こういった考えかたは、個人で行える予防医学といえるかもしれない。外国ではすでに定着していた習慣だったのだが、最近では日本でもごくあたり前となりつつあるようです。美容ダイエットなどの産業分野が、その火つけ役となったことは否めない。とてもいい傾向ではないだろうか。

Favorite

Last update:2016/10/17